水太り

よく水を飲むと太ると言われてますが本当に太るのでしょうか?不足しがちな水分と必要性について解説します。

水を飲み過ぎると太るは都市伝説

水を飲み過ぎると太る!これは都市伝説です。水はカロリーがないから脂肪はつきません。もともと水はノンカロリーです。太ると言われるのは、体に一時的に水分が多めに蓄えられるだけです。水を過剰に摂取して体重が増えても、それは一時的なもので汗をかけば新陳代謝機能が働き、余分なお水は体の外に排出され体重は元通りになります。

体内に入って蓄えられたお水は「新陳代謝」で解消されます。しかも細胞に水が多く含まれても、脂肪細胞が増えるわけではありません。人間の体には、体内の水分量をコントロールする働きがあります。

水太りは、細胞の新陳代謝が悪く汗や尿として排出されなくちゃいけない余分な水分が体に溜まりやすい体質。一日中、同じ体勢で仕事をしている人や運動不足の人は、リンパ管の働きが鈍くなりむくみの原因になります。

それでも体内に多く余分なお水が蓄えられたままで、水太り状態だと考える方は、実は体の機能に問題がある可能性があります。その場合は体の障害に注意を払った方が良いでしょう。可能な限り1日2リットルのお水を飲んだ方がいいです。夏は、氷を入れて冷たい水を一気に飲みがちですが常温でこまめに飲むことが大事。冬は、寒くてなかなか飲めないと思いますが飲んでみましょう。

水を飲むと、むくむ?

水を飲むと、むくむと思っている方が多いと思いますが…むくみについてはどうなんでしょうか?水を飲まないのは、脱水症状を起こし、リンパの流れが悪くなって逆にむくみの原因になってしまうそうです。水の飲み方を考えるだけでむくみ解消になると思うので意識してみて下さい!

体内の水が不足

水分補給が不足していると大変なことになります。何もしなくても体の中の水は、水分補給を怠ると大変なことになってしまいます。横になって何もしない安静時でも成人男性なら2.5Lの水が汗や排出物として体内から出ていきます。

人間の体から出る1日あたりの水分は、尿が約1000から1500ml、便が約900ml、生理的に失われるものが約100ml、合計2.0Lから2.5Lの水分が失われているということです。仕事をしたり運動をすれば失われる水分はさらに増えます。

人が1日に必要とする水分量は、体重1kgあたり成人で40mlです。子供なら50~100ml 幼児は100~150ml。つまり体重が60kgの大人だと40ml×60kg=2.4L(約2.5L)の水分が1日に必要ということになります!

これを摂取しないと、血液がドロドロになって血栓ができて、心筋梗塞などの重大な病になる危険があります。十分に注意してください。特に夏場は要注意。熱中症で命の危険もあります。安全で美味しいお水の補給が欠かせません。

美味しいお水を大切に

海外と違い普段、蛇口をひねると水が出るのは当たり前のような感じになっています。もちろん水道料金を払っているので家で水が使えるのですが、公園など公共の場でも水が出ます。

大変大きな震災で、喉が渇いた時に飲む水も顔を洗う水もなにもかも生活に使う水が使えず、困っていた姿を私たちは見てきました。放射能で飲めない恐怖。水がなくなって始めて、水のありがたみを知るなんて愚かだと自分自身に対して思いました。人間一人が生活するのに、1日約240リットルの水が必要だそうです。家族で240リットルではなく、1人240リットルです!内訳は、トイレ28%・お風呂24%・炊事23%・洗濯17%・洗顔8%ということです。

水がない生活なんて考えられないというくらい欠かせないものです。赤ちゃんの粉ミルク1つでさえ、安心した水が必須になってきました。だからこそ、ウォーターサーバーが注目されたと思います。この水が不足してしまうと、最悪、生きていくことができません。安全なお水を飲むことが、体を細胞を守ることになります。間違っても化学物質が入った真水を飲むことは避けて下さい。